庄内海岸のクジラ雲、ゆく夏を送る。

 

花笠の終わった山形の町は、気温も天気も落ち着いた、ように思ったら、いきなり暑さが戻ってきました。

そういえばまだ8月だし。

学生さんたちの夏休みも、まだ終わっていないようですね。

これが、『残暑』というものでしょうか?

 

気温は30度をはるかに超えていても、空に浮かぶ雲は、なんとなく涼しげな、秋の装いを感じさせます。

 

庄内海岸は、日本海に面した山形の海。

日本海にもクジラはいるのでしょうか?

海は陸にさえぎられても、空は世界中繋がっています。

遮るもののない海の上をクジラ雲はのんびり流れていくでしょう。

 

季節が巡るように、緩やかに、確実に。

 

夏の喧騒を拭い去っていきます。

 

庄内海岸のクジラ雲、ゆく夏を追う。

 

8月25日、彩画堂アートスクール、スケッチデッサン講座。

教材は『庄内海岸のクジラ雲』を用意いたしました。

モチーフは、『クジラ』『さざえ』『庄内海岸の奇岩、温海立岩』。

この3人の登場人物たちはどんな物語を語ってくれるでしょうか?

 

【教材】アウトライン
講師参作
Sさん、作品